あるごリズム備忘録

学んだことの記録と日記

組み込みOS(第2回)

 ステップ2の内容は、シリアルコントローラのレジスタによる設定、標準ライブラリ風関数の実装が主な内容だった。今回気になったのは「分周」と「ボーレート」の関係くらい。
 
 まず分周とは、CPUのクロック周波数をnで割ってほしい周波数を作ることらしい(n:分周比)。そして、この作った周波数をシリアルモジュールに供給する。
メインクロックを分周するnをBRRに設定すると思っていたんだけど違うらしい。どうもBRRの値とボーレートの対応表がマニュアルにマイコンごとに用意されていて、それを見て設定すれば良いらしい。
 マニュアルを見ると、表の他にBBR値の計算式も書かれていた。確かに歩調同期方式の式でBBRは64になる。ただし、(64*2^(2n-1))と−1の部分の意味がわからない。64*2^(2n-1))は設定するシリアル通信で使うビット長とかで違うのかもしれない。ビット長8なら8になるとかだったら理解できる。
 クロック同期方式と歩調同期方式の違いもよくわからなかった。この辺も確かに理解したい部分ではあるんだけど、この辺にかかりっきりになってしまうと進まない。この本で一番やりたいのは、メモリ管理とかスレッドの部分なので、あまりここで時間は使わないようにしたい。少し調べて、その時理解できなくても、「具体的にどこが」わからないかを記録しておけば(数学ガール的にいうと「分からないの最前線」)、最低限またあとで考えることができるからよしとしたい。


(蛇足)
 第1回の記事からだいぶ間が空いてしまった。期末試験その他いろいろあったが、時間を作れなかったわけではないので結局いいわけ。とにかく、本を進める過程で書き残し続けることはやめたくないので、今回はかなり雑な文章になってしまったが形に残すことを優先した。時間があれば書き直したい。


12ステップで作る組込みOS自作入門

12ステップで作る組込みOS自作入門