読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるごリズム備忘録

学んだことの記録と日記

組み込みOS(第6回)

ステップ6の内容

前回ステップで、転送したELF形式ファイルを解析し、セグメント情報を読み取り、とりあえず内容を表示することだけはできた。今回のステップでは、読み取った情報をもとに、ファイル内容ををRAM上にコピーし、エントリーポイントに処理を渡すプログラムを実装する。

エントリ・ポイント

実行を開始するアドレスのこと。ELFヘッダの中には、エントリ・ポイントを保持するために割り当てられた領域がある。

関数へのポインタ

ELF形式ファイルから読み取ったエントリポイントのアドレスは、関数へのポインタとして変数に持っておく。関数へのポインタ f は次のように宣言できるらしい。

[返り値の型] (*f)( [引数] );

コード中に次のように書くと、f にポインタが渡されている関数が呼び出される。

f([引数]);

疑問点

runコマンドの動作

ブート・ローダのrunコマンドは、1回目は必ず失敗する。2回目はうまくいく。
理由はわからなかった。
アドレスを表示させてみたところ、一度目のコマンド実行時は、エントリーポイントのアドレスが0になっているが、2度目は正常にアドレスが入っている。しかし、1回目と2回目のコマンド実行の間に何か処理が入っているわけではないので、原因がわからない。

OS側のmain関数

OSのコマンド”exit”で、os側のmain関数はreturn されるが、その後の処理がどこに渡されるかがわからない。書籍のままのコードだとexitにあとフリーズする。これはおそらくリンカ・スクリプトの無限ループのため、この部分を丸々削除するとブート・ローダに処理が戻るはずだと考えた。しかし実際は、1回目のexitコマンドでは再びOSが起動し、2回目はブート・ローダに処理が戻った。原因が特定できなかった。


12ステップで作る組込みOS自作入門

12ステップで作る組込みOS自作入門