あるごリズム備忘録

学んだことの記録と日記

Ruby on Rails ファーストタッチ

友人とその先輩と自分の3人で、今月19日にRuby on Railsを使ったハッカソン的なものをすることになったので、Ruby on Railsの勉強を始めた。
先輩の方はWeb系の会社に就職決まっいて経験も豊富だそうだが、自分と友人はRailsを触ったことがない。
Railsはもちろん、Rubyも経験ゼロからのスタートで、短期決戦型の勉強になる。
webアプリケーションの開発経験もないので、本当にわからないことばかりなので、かなり苦戦が予想される。

とりあえず、「Ruby on Rails アプリケーションプログラム」という書籍の第二章まで、今日一通りやってみた。
Railsについて事前に調べたり、この本を立ち読みした時は、どういうものか本当に何もイメージできない状態だったが、
2章までやったところ、少しだけ全体像が見えてきた。やはり手を動かすことによる効果は大きい。

現在考えてる学習計画は次の通り。

1.「~アプリケーションプログラミング」を3章まで一通りやる。(残り3時間程度)
2.ドットインストールのRailsのレッスンを一通りやる。(2時間程度)
3.Webアプリ的なものを一つ作ってみる。(?)
4.友人との勉強会(12時間程度を一回)

また、Ruby自体の勉強も適宜入れていく予定(Rubyも未経験のため)
ちょうど来週に勉強会をする予定なので、そこまでにアプリが一つ作ることを目標にしたい。
また、学習過程でのルールも次のように決めた。

・学習したことは記録しておく。(キーワード、疑問点、ハマった事、学習時間など)
・わからないことがあっても、あまり突っ込みすぎて悩まないこと。(なんとなくわかったらとりあえず進む)

自分一人でのもくもくと学習を進める分、成果が目に見えない。
せめてもの目に見える結果として、学習の記録を残しておくことでモチベーションを保ちたい。
また2点目については、新しことを学ぶ上で最近重要だと感じることなので今回も実践したい。
気持ち悪く感じる表記なども、繰り返し書き続けると違和感がなくなる。
それによって本当に考えなくてはいけない部分に頭を使えるようになり、理解できることは多い。

新しいものに素早く適応する能力の重要性を、近頃感じることが多い。
今回はそれを磨く良いチャンスだと思うので頑張りたい。
STM32が行けたからこれも行けるハズ。